07月≪ 2017年08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
   Admin

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ : 【スポンサー広告
| top↑

『前進する日もしない日も』益田ミリ


テーマ : 読書 ジャンル: 小説・文学


前進する日もしない日も (幻冬舎文庫)前進する日もしない日も (幻冬舎文庫)
(2011/02/09)
益田 ミリ

商品詳細を見る

・・・解説・・・

着付け教室に通ったり、旅行に出かけたり、引っ越ししたり。
仕事もお金も人間関係も自分なりにやりくりできるようになった
30代後半から40歳にかけての日々。
完全に「大人」のエリアに踏み入れたけれど、
それでも時に泣きたくなることもあれば、怒りに震える日だってある。
悲喜交々を、きらりと光る言葉で丁寧に描く共感度一二〇%のエッセイ集。





ミリさん、好きなんだけれど
今回はイマイチかな~


載ってる内容が、バラバラ。
もっと統一させた方がいいのに。


他の本でかぶってるのとかもあるし
書きっぱなしなので
その後、とかもあったらよかったのに・・・






私 的 評 価
   5 段 階
      



読書メーター登録


スポンサーサイト

カテゴリ : 【エッセイ
この記事へのトラックバック数 : (0) 【トラックバックする
この記事へのコメント数 : (0) 【コメントする
| top↑

『オトーさんという男』益田ミリ


テーマ : 読書 ジャンル: 小説・文学


オトーさんという男オトーさんという男
(2009/05/22)
益田 ミリ

商品詳細を見る

・・・解説・・・

○なんでもお母さんを経由して言う
○二人っきりになると話すことがない
○好きなレストランはバーミヤン
○チャンネル権を握っている
○誉められたいと思っている......
身近なはずなのに、なんとなく距離がある。
好かれたい気持ちが空回りで、なんだか見ていて気の毒になる。
娘の目から見ると、わかりやすいようでわかりにくい、
「オトーさん」の生態を優しく鋭く観察? するコミック&エッセイ。





お母さんときたら、次はオトーさん。


今まで益田さんのエッセイでお母さんは時々出てきてたけど
あまりオトーさんの出番はなかった気が・・・


そんな益田さんのオトーさんを赤裸々に書いています。



子供の頃の話を読んでいると
うちのお父さんと似てるなぁ、と思っちゃいました。

せっかちなところとか、
お父さんのご機嫌をうかがっちゃうところとか
いないと平和なところとか・・・(笑)

だから共感できる部分がたくさん。



お母さんに比べて、オトーさんの話は
軽い感じに思えたけれど
けどそんなに仲良くないから
濃い話は書けないよなぁ(笑)

娘から見た、一般的なオトーさんの感想ですね~







私 的 評 価
   5 段 階
    






読書メーター登録



カテゴリ : 【エッセイ
この記事へのトラックバック数 : (0) 【トラックバックする
この記事へのコメント数 : (0) 【コメントする
| top↑

『お母さんという女』益田ミリ


テーマ : 読書 ジャンル: 小説・文学


お母さんという女お母さんという女
(2009/04/24)
益田ミリ

商品詳細を見る


・・・解説・・・

あんなふうに、なりたいような……
なりたくないような……
読むと、お母さんと話がしたくなる!
◎みのもんたの勧める食材に目を光らせている
◎写真を撮れば必ず斜めに構える
◎小さい鞄の中には予備のビニールの手提げが入っている
◎寒い寒いと言いながら裸足だったりする……etc. 
身近にいるのに、なぜかよく分からない母親の、
微妙にずれている言動を愛情深く分析。
優しい気持ちになれる、ほのぼのイラスト・エッセイ!





益田さんのお母さんが中心となったエッセイです。


これ読んで、益田さんのお母さん素敵な人だなぁと
思った人はとても多いはず。


近所付き合いが上手くて、お料理上手で
子供をのびのび育てていて
子供たちをとても愛していて
最後の方はホロリとさせられました。


どこにでもいるお母さんだと思います。

だけどやっぱりお母さんという存在は
とっても大きいなぁ。


益田さんは、今も独身で
結婚していないことを申し訳ないみたいなことを
以前どこかで書いてたけれど
独身だからこそ一緒に旅行に行けて
しょっちゅう実家に帰れて
とても親孝行な娘だと私は思います。



読んだ後、何故か私も今までの自分を見つめ直して
大きくなった子供に『お母さん大好き』と
いつまでも言ってもらえるような
素敵な母親になろうと思ったのでした。







私 的 評 価
   5 段 階
    





読書メーター登録



カテゴリ : 【エッセイ
この記事へのトラックバック数 : (0) 【トラックバックする
この記事へのコメント数 : (0) 【コメントする
| top↑

『今日も怒ってしまいました』益田ミリ


テーマ : 読書 ジャンル: 小説・文学


今日も怒ってしまいました (文春文庫)今日も怒ってしまいました (文春文庫)
(2009/09/04)
益田 ミリ

商品詳細を見る

・・・解説・・・

女の怒りもいろいろある。
大阪から上京して文化の違いに驚いた「戸惑い怒り」。
家族のボケをあかるく嘆く「つっこみ怒り」。
愛するペットに対するひどい仕打ちに涙する「本気怒り」まで…。
それでも怒りはためこまず、笑い飛ばしましょう!
怒って笑って、最後はスッキリ。
ストレス解消型エッセイ&4コママンガ。





益田さんの日々の怒りをまとめています。


けど怒りというより、イラっ程度ですかねぇ。



益田さんのエッセイは好きなんだけれど
今回はイマイチかも・・・


自分を馬に例えて4コマ描いてたけれど
あっちの方が私は好きです。

全部4コマならよかったのに・・・






私 的 評 価
   5 段 階
      



読書メーター登録



カテゴリ : 【エッセイ
この記事へのトラックバック数 : (0) 【トラックバックする
この記事へのコメント数 : (0) 【コメントする
| top↑

『47都道府県女ひとりで行ってみよう 』益田ミリ


テーマ : 読書 ジャンル: 小説・文学


47都道府県 女ひとりで行ってみよう47都道府県 女ひとりで行ってみよう
(2008/06)
益田 ミリ

商品詳細を見る

・・・解説・・・

日本には47都道府県もあるのに、
行ったことがない場所があるというのはもったいないなぁ。
というわけで、全部行ってみることにした。
33歳の終わりから37歳まで、毎月東京からフラッとひとり旅。
名物料理を無理して食べるでもなく、
観光スポットを制覇するでもなく。
その時の自分にちょうどよいペースで、
「ただ行ってみるだけ」の旅の記録。





月一回と決め、4年かけて47都道府県を制覇。
ゆるゆる旅行記です。


日帰りだったり、名物を必ず食べるわけでもなく
ビジネスホテル泊ったり、地元の人の触れ合いもなく
自由気ままな、益田さんらしい一人旅です。

ただ、「行ったよ!」という確証の為の場所もw

たぶん編集部から、とかいうんじゃなくて
自腹で行ってるみたいだから
こんな旅行記もありですよ。

ありきたりの、ガイドブックみたいな旅行記は
ごまんとあるしね。
一風変わってます。
しかし、間食多いなw


私も旅行好きだから、うらやましくてしかたないです。

もし私が独身で、時間が自由に取れる仕事に就いていたなら
この本に刺激されてきっと一人旅をしていると思います。


子供が大きくなって、時間が取れるようになったら
私もいつか一人旅をしてみたいな~





私 的 評 価
   5 段 階
    






読書メーター登録



カテゴリ : 【エッセイ
この記事へのトラックバック数 : (0) 【トラックバックする
この記事へのコメント数 : (0) 【コメントする
| top↑


| ホーム |次ページ
プロフィール

いるた2010

Author:いるた2010
・マンガ(主に少女マンガ)
・小説(ホラー以外)
・アニメ(なんでも)
・ゲーム(主にRPG)

大好きです。

マウスについてくる星
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。