スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ : 【スポンサー広告
| top↑

『彩雲国秘抄 骸骨を乞う』雪乃紗衣


テーマ : 読書 ジャンル: 小説・文学


彩雲国秘抄  骸骨を乞う彩雲国秘抄 骸骨を乞う
(2012/03/27)
雪乃 紗衣

商品詳細を見る

・・・解説・・・

後に“最上治”と謳われる国王・紫劉輝の治世の陰には、
彗星の如く現れ消えて、また生まれゆく生命があった…。
鬼才・雪乃紗衣、渾身の衝撃作がついにヴェールを脱ぐ―
彩雲国“さいご”の物語。






彩雲国ファンの私としては
完結した後にこの作品が出てると知り
とても喜んだけれど何故にハードカバー・・・



まぁそれはいいとして。

短編集なんだけれど、
これは悠舜物語か???
という程悠舜、悠舜でした。


本編では、つかめない性格で
あまり好きなキャラではなかったからなぁ。


本編ではそんなにスポットが当たってなかったから
付け足して書きたいと思ったのはわかるんだけど
国王・紫劉輝は“最上治”と謳われる・・・というなら
他にも絳攸、楸瑛、静蘭のことを書いてほしかったですね。

ここでは彼らは物語の脇役で
しかもあまり良く書かれていない。


だからあえてラノベで出さずに
ハードカバーで出したのかなぁ。


悠舜・旺季・晏樹が、本編の
絳攸・楸瑛・静蘭のポジションっぽくて
だけれど前者の人たちはやっぱり興味もないし
好きにもなれなかった。

ここまでこの3人にスポットライト当てるのは
作者のお気に入りなのかなぁ。


文章とかもなんだかラノベの時と違って
読みにくかったな。

その中の救いはやっぱり劉輝の章でしょう。

本編では書かれなかった
結婚してから彼女が亡くなるまでを書いています。
みんなこれが読みたかったんじゃないかなぁ。

ふたりの短い幸せを読んでると
とても切なくてうれしくて悲しくてと
ごちゃごちゃになりましたね~
泣けました。



でも最後まで劉輝は頼りなかったな。

劉輝らしいっちゃそーだけどさ。


話の中では書かれてなかったけれど
楸瑛はあの人と結婚できたのかな。
チラッと描写あったけれどどっちともとれなかったし・・・
お嬢様を大切にしていた静蘭も
誰かと結婚したのでしょうか。
うーん、しないだろうな。
血を残すことをあえてしないだろうね。
その代わり劉輝を一生支えていったんだろうね・・・

ってか、そっちの話がやっぱりみんな読みたいと思うのーーーっ

来月また出るみたいだけれど
これはCDみたいだから
きっと無理っぽいなぁ。
やっぱ、これでもう彩雲国は本当に終わりなんでしょうね。

ちょっと残念・・・


できればアニメの方を、また作ってほしいな。



ところで・・・表紙は前王なのかな???




私 的 評 価
   5 段 階
    





読書メーター登録



スポンサーサイト

カテゴリ : 【●女性作家
この記事へのトラックバック数 : (0) 【トラックバックする
この記事へのコメント数 : (0) 【コメントする
| top↑


| ホーム |次ページ
プロフィール

いるた2010

Author:いるた2010
・マンガ(主に少女マンガ)
・小説(ホラー以外)
・アニメ(なんでも)
・ゲーム(主にRPG)

大好きです。

マウスについてくる星
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。