05月≪ 2017年06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月
   Admin

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ : 【スポンサー広告
| top↑

『舟を編む』三浦しをん


テーマ : 小説 ジャンル: 小説・文学


舟を編む舟を編む
(2011/09/17)
三浦 しをん

商品詳細を見る

・・・解説・・・

玄武書房に勤める馬締光也は営業部では
変人として持て余されていたが、新しい辞書
『大渡海』編纂メンバーとして辞書編集部に迎えられる。
個性的な面々の中で、馬締は辞書の世界に没頭する。
言葉という絆を得て、彼らの人生が優しく編み上げられていく。
しかし、問題が山積みの辞書編集部。
果たして『大渡海』は完成するのか──。
言葉への敬意、不完全な人間たちへの愛おしさを
謳いあげる三浦しをんの最新長編小説。





2012年度の本屋大賞第一位の作品で
図書館で予約して半年以上待ったかな~


映画化にもなったそうで楽しみにしてました。


辞書を作る部署の話なんですが
辞書・・・
うちにも今二冊あります。

子供が卒園でもらったものと私が厳選して買ったもの。

幼稚園過ぎてからは、子供がよく言葉の意味を
私に尋ねてきました。
頭でわかっているけれど、子供に説明しようとなると
言葉にできない・・・うまく説明できない・・・
だから辞書をと思って本屋に行ったのですが
辞書ってたくさんあるんですよね~

字が大きく、読みやすいのを・・と選んだのですが
その辞書を作るまでがこの作品では書かれています。

正直、こんなに大変だとは思いませんでした。


主人公馬締・同期のチャラ男西岡、
ファッション誌から配属された岸辺などそれぞれの視点で
お話は書かれています。

読みやすく、ページ数もちょうどよく
数時間で読めました。
『大渡海』とか「船を編む」とかの言葉遣いが
とても素敵だと思います。

ラストに向けてのストーリーは、
まぁありがちだけれど、それなりに感動して
私的にはとても面白かったと思います。


テーマはとても面白いと思いました。

けれど、本屋大賞1位はちょっと言い過ぎかなぁ?




映画 舟を編む オリジナル・サウンドトラック映画 舟を編む オリジナル・サウンドトラック
(2013/04/03)
渡邊崇

商品詳細を見る


私 的 評 価
   5 段 階
    


読書メーター登録


スポンサーサイト


カテゴリ : 【●女性作家
この記事へのトラックバック数 : (0) 【トラックバックする
この記事へのコメント数 : (0) 【コメントする
| top↑

<<『泣かんもん!』3巻 築島治 | ホーム | 『生徒会の一存Lv.2』全10話>>















管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://iruta2010.blog48.fc2.com/tb.php/1129-867066ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

いるた2010

Author:いるた2010
・マンガ(主に少女マンガ)
・小説(ホラー以外)
・アニメ(なんでも)
・ゲーム(主にRPG)

大好きです。

マウスについてくる星
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。