05月≪ 2017年06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月
   Admin

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ : 【スポンサー広告
| top↑

『彩雲国物語 紫闇の玉座(下)』雪乃紗衣


テーマ : 読書 ジャンル: 小説・文学


彩雲国物語  紫闇の玉座(下) (角川ビーンズ文庫)彩雲国物語 紫闇の玉座(下) (角川ビーンズ文庫)
(2011/06/30)
雪乃 紗衣

商品詳細を見る

・・・解説・・・

―残り時間は、一日足らず。それ以上は生きられぬ。
縹家の大巫女・瑠花の力を借りて蝗害を鎮めた秀麗。
しかしその決断は秀麗に残された時間を侵食し、生命を蝕んでいく。
同じ頃、勢いを増す旺季を前に、国王・劉輝は苦悩していた。
強力な後ろ盾も、官の信頼をも失った自分が、
果たして玉座にふさわしい者なのか。
そして、彩雲国最大の危機が訪れる―。
シリーズ第18弾、怒涛の最終巻「紫闇の玉座」(下)、ここに完結。






最終巻です。

長かったこのシリーズも、とうとう終わり・・・

(上)のあとがきでも言ってたように
分厚っっっ!!!

けれど、どんどん引き込まれていきます。


前回ではあまり理解していなかった私も
今回はなんとかついていけました。

しかし、色々言いたいことがある。
まず、劉輝。
最後の最後にどう劉輝が動くのかと
かなり期待していたんだけれど
どうもパンチが足りないような気が・・・
ここまでうじうじしてきた劉輝のまま
あまり変わってない気もします。

まぁそれが劉輝といわれれば何にも言われず・・・


そして個々のキャラのアクが強すぎて
話があっちこっちに飛んでました。
ラストはきちんとみんなのことをまとめていて
主役の秀麗たちがおまけみたいで、ちょっとだけw


そして一番引っかかったのは・・・

死ぬ死ぬ詐欺です。

今まで、どれだけあと一日と言ってきたか。

どうにもならないと
何度書かれていたことか・・・


なのに生き延びてました。

秀麗が生き延びていたことに、
劉輝と一年でも幸せな結婚生活が送れたことに
とても私は嬉しく思いましたが
だったら、あそこまで執拗に死ぬ死ぬと書かなくても・・・



・・・とまぁいろいろ書きましたが
だけど全体的にやっぱり彩雲国は面白かったです。


二人のその後は
ちよっと悲しくもあったけれど
やっぱり幸せだったんだろうなぁと。

邵可と同じような道に進んでしまった劉輝だけれど
最後までずっと秀麗一筋だったのが
やっぱりとても素敵だった。



完結してくれたことに、お礼を言いたいです。

長い間、お疲れさまでした。

彩雲国物語を超える新作、期待しています






私 的 評 価
   5 段 階
    


読書メーター登録

スポンサーサイト


カテゴリ : 【●女性作家
この記事へのトラックバック数 : (0) 【トラックバックする
この記事へのコメント数 : (0) 【コメントする
| top↑

<<『俺様ティーチャー』11巻 椿いづみ | ホーム | 『ONE PIECE 』63巻 尾田栄一郎>>















管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://iruta2010.blog48.fc2.com/tb.php/592-25a29558
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

いるた2010

Author:いるた2010
・マンガ(主に少女マンガ)
・小説(ホラー以外)
・アニメ(なんでも)
・ゲーム(主にRPG)

大好きです。

マウスについてくる星
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。