09月≪ 2017年10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
   Admin

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ : 【スポンサー広告
| top↑

『朝がまたくるから』羅川真里茂


テーマ : 漫画の感想 ジャンル: アニメ・コミック


朝がまたくるから (花とゆめCOMICSスペシャル)朝がまたくるから (花とゆめCOMICSスペシャル)
(2010/04/19)
羅川 真里茂

商品詳細を見る

・・・解説・・・

闇の中で、ただ震えることしかできなかった
幼い双子・リキとチカ。二人を外に連れ出したのは、
ある日家に入ってきた知らない「おにいさん」だった…。
罪をテーマに描いた感動のシリーズ3編を収録!





羅川さん読むの久しぶりです。


学生の頃、花とゆめで「赤ちゃんと僕」を連載されてて
この作品が私はどうも苦手でした。

絵といい、赤ちゃんというキャラといい
どうにも古臭い気がして
学生の私には一切受け付けませんでした。
苦手というより、毛嫌いというか(笑)

まぁ羅川さんも新人でしたしね。


それからも羅川さんは色々マンガを描いてたみたいだけれど
私はやっぱりどれも手に取ることはせず
作品は全く読んでいませんでした。

けれど今回ふと手に取って見たのが
羅川さんの作品でした。

昔は嫌いだったけれど、読んでみるか~という気分に。


この作品は短編集なのですが
3本ともとてもよかったです。

絵の感じは昔の面影があるけれど
すっきりしてて今風っぽくしてあり
ストーリーもよかったです。

やっぱり何十年も残ってる先生方は
上手くなっているんですねw←どこから目線?(笑)


罪をテーマに描いてるみたいですが
どの作品もグッとくるものがあります。


私はラストの「冬霞」というのにやられました。


3編ともタイトルが素敵です。



他の作品も読んでみようかな~と
改めて思いました。







私 的 評 価
   5 段 階
    


スポンサーサイト


カテゴリ : 【●花とゆめ・LaLa系
この記事へのトラックバック数 : (0) 【トラックバックする
この記事へのコメント数 : (0) 【コメントする
| top↑

<<『黒笑小説』東野圭吾 | ホーム | 『西の善き魔女外伝〈3〉真昼の星迷走』荻原規子>>















管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://iruta2010.blog48.fc2.com/tb.php/704-f9e658f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

いるた2010

Author:いるた2010
・マンガ(主に少女マンガ)
・小説(ホラー以外)
・アニメ(なんでも)
・ゲーム(主にRPG)

大好きです。

マウスについてくる星
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。