07月≪ 2017年08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
   Admin

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ : 【スポンサー広告
| top↑

『吠えよ、我が半身たる獣 幻獣降臨譚』本宮ことは


テーマ : 読書 ジャンル: 小説・文学


吠えよ、我が半身たる獣 幻獣降臨譚 (講談社X文庫 ホワイトハート)吠えよ、我が半身たる獣 幻獣降臨譚 (講談社X文庫 ホワイトハート)
(2006/08/02)
本宮 ことは

商品詳細を見る

・・・解説・・・

「我が名は光焔。汝を守護するものなり―」
晴れて幻獣遣いとなったアリアを待っていたのは、
「アランダム騎士団の巫女姫」という大層な地位だった。
戸惑いながらも、騎士団での暮らしに飛び込むアリア。
しかしそれは、ここまで共に旅をしてきた
聖従者の仲間と別れることであり、幼なじみと敵対する運命でもあった…。
本格異世界ファンタジー第二弾。





幻獣降臨譚シリーズ第2弾。


光焔と契約できたアリア。


ここから物語は動いて行くはずです。

ずっと一緒に旅してきた人たちと離れ離れになります。

私的には幼馴染ライルが好きですね~

たぶんアリアも彼の事が一番気になっているはず。




帯のセリフもなかなか興味をそそる文句になってますね。



まだ幼いアリアですが
アランダム騎士団にいいように使われて
とどまることにならないかがとても心配です。






私 的 評 価
   5 段 階
    






読書メーター登録


スポンサーサイト


カテゴリ : 【●女性作家
この記事へのトラックバック数 : (0) 【トラックバックする
この記事へのコメント数 : (0) 【コメントする
| top↑

<<『繙け、闇照らす智の書 幻獣降臨譚』本宮ことは | ホーム | 『聞け、我が呼ばいし声 幻獣降臨譚』本宮ことは>>















管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://iruta2010.blog48.fc2.com/tb.php/735-c6969808
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

いるた2010

Author:いるた2010
・マンガ(主に少女マンガ)
・小説(ホラー以外)
・アニメ(なんでも)
・ゲーム(主にRPG)

大好きです。

マウスについてくる星
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。