09月≪ 2017年10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
   Admin

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ : 【スポンサー広告
| top↑

『夢の上〈1〉翠輝晶・蒼輝晶』多崎礼


テーマ : 読書 ジャンル: 小説・文学


夢の上〈1〉翠輝晶・蒼輝晶 (C・NOVELSファンタジア)夢の上〈1〉翠輝晶・蒼輝晶 (C・NOVELSファンタジア)
(2010/09)
多崎 礼

商品詳細を見る

・・・解説・・・

夢売りは請う。
「私は、夜明けを所望します」夜の王は答えた。
「ならば、見せて貰おう」夢売りが取り出したのは夢の結晶。
その中心が淡い緑の光を放ち―
「これは結晶化した女の『夢のような人生』」
地方領主の娘として平凡に生きるはずだったアイナの物語。





『煌夜祭』がとてもよかったので
ほかの作品も、と読んでみました。


が、またこれがいい!!



全3巻みたいですが、結構厚いです。


夢売りが、夜の王に物語を語るというとこから始まり
この1巻では2つの物語を語っています。


翠輝晶と蒼輝晶のお話。

前者は、とある夫婦のお話。
後者は、とある侍従のお話。


時間も世界観も同じです。
ただキャラの視点が違うだけ。


翠輝晶は、このシリーズのつかみというか
この世界の説明というか入口的なお話になっています。


理想的な夫婦で、影に憑かれていても
どこか幸せそうですね。



蒼輝晶は、この世界じゃなくてもありえるお話で
幼馴染の侍従関係の話です。

やっぱり私はこの話の方が好きです。


どうにもならない身分の差、
だけど近くにいたい、傍にいて守りたい。
思い合っているのに結ばれないというのが
キュンキュンしちゃいます。


アーディン・・・せつねぇ・・・(TOT)


さて、次は誰視点の話なんでしょうか???

早く読みたいよ~






多崎さん、ファンになっちゃいました!





私 的 評 価
   5 段 階
    


読書メーター登録


スポンサーサイト


カテゴリ : 【●女性作家
この記事へのトラックバック数 : (0) 【トラックバックする
この記事へのコメント数 : (0) 【コメントする
| top↑

<<『ピアノの森』21巻 一色まこと | ホーム | 『超訳百人一首 うた恋い。』杉田圭>>















管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://iruta2010.blog48.fc2.com/tb.php/783-082fd808
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

いるた2010

Author:いるた2010
・マンガ(主に少女マンガ)
・小説(ホラー以外)
・アニメ(なんでも)
・ゲーム(主にRPG)

大好きです。

マウスについてくる星
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。