05月≪ 2017年06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月
   Admin

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ : 【スポンサー広告
| top↑

『死神姫の再婚 -微笑みと赦しの聖者-』小野上明夜


テーマ : 読書 ジャンル: 小説・文学


死神姫の再婚 -微笑みと赦しの聖者- (ビーズログ文庫)死神姫の再婚 -微笑みと赦しの聖者- (ビーズログ文庫)
(2008/12/15)
小野上 明夜

商品詳細を見る

・・・解説・・・

アズベルグ地方は豊作祈願祭の真っ只中。
街並みの賑わいにライセン一家が興じるなか、
レネやジェダら傭兵団をひきつれたバルロイ、ディネロも
合流してまさしくお祭り騒ぎ!アリシアを挟んで、
暴君夫と時計公爵が静かな火花を散らしはじめた矢先、
飛び込んできたのは―負傷したセイグラム。
「ティルナードが“翼の祈り”教団に拉致された」。
それはユーランの仕業か…。男たちが臨戦態勢をとるも、
今度はアリシアとディネロが教団メンバーにさらわれて―!?
“嫉妬は贅沢品?”死神姫ワールド激動の第5弾。





死神姫シリーズ第5弾。

とうとう誘拐されちゃいました。
ディネロとともに教団に拉致です。
カシュバーンたちは助けに行きたくても
それどころじゃなくてアリシアたちは監禁です。

その間、ディネロとの婚姻を迫られるけれど
カシュバーンのことを思うと首を縦に振らないアリシア。
カシュバーンのことを好きなのに
それは贅沢だと、どこか心が否定する。
けれどそれももうしんどくなってるみたいね。
本能の方が勝ってきてます。

助けてからの二人はまた距離を縮めました。

カシュバーンがアリシアをとても大事にしているセリフに
キュンキュンきちゃいました。
かなりの愛ですね。
いくらでも待つというカシュバーンに
改めて惚れ直しちゃったわ。

こうやって少しずつ近づいていくのね。

次も楽しみです。






私 的 評 価
   5 段 階
    




読書メーター登録

スポンサーサイト


カテゴリ : 【●女性作家
この記事へのトラックバック数 : (0) 【トラックバックする
この記事へのコメント数 : (1) 【コメントする
| top↑
管理人のみ閲覧できます From:-




<<『死神姫の再婚 -鏡の檻に棲む王-』小野上明夜 | ホーム | 『歪笑小説』東野圭吾>>
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/07/20 13:51】 | #[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://iruta2010.blog48.fc2.com/tb.php/840-d79d6fc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

いるた2010

Author:いるた2010
・マンガ(主に少女マンガ)
・小説(ホラー以外)
・アニメ(なんでも)
・ゲーム(主にRPG)

大好きです。

マウスについてくる星
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。