03月≪ 2017年04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月
   Admin

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ : 【スポンサー広告
| top↑

『下町ロケット』池井戸潤


テーマ : 読書 ジャンル: 小説・文学


下町ロケット下町ロケット
(2010/11/24)
池井戸 潤

商品詳細を見る

・・・解説・・・

「その特許がなければロケットは飛ばない――。
大田区の町工場が取得した最先端特許をめぐる、中小企業vs大企業の熱い戦い!
かつて研究者としてロケット開発に携わっていた佃航平は、
打ち上げ失敗の責任を取って研究者の道を辞し、
いまは親の跡を継いで従業員200人の小さな会社、佃製作所を経営していた。
下請けいじめ、資金繰り難――。
ご多分に洩れず中小企業の悲哀を味わいつつも、
日々奮闘している佃のもとに、ある日一通の訴状が届く。
相手は、容赦無い法廷戦略を駆使し、
ライバル企業を叩き潰すことで知られるナカシマ工業だ。
否応なく法廷闘争に巻き込まれる佃製作所は、
社会的信用を失い、会社存亡に危機に立たされる。
そんな中、佃製作所が取得した特許技術が、
日本を代表する大企業、帝国重工に大きな衝撃を与えていた――。
会社は小さくても技術は負けない――。
モノ作りに情熱を燃やし続ける男たちの
矜恃と卑劣な企業戦略の息詰まるガチンコ勝負。
さらに日本を代表する大企業との特許技術(知財)を巡る
駆け引きの中で、佃が見出したものは――?
夢と現実。社員と家族。かつてロケットエンジンに夢を馳せた佃の、
そして男たちの意地とプライドを賭した戦いがここにある。」






元ロケット開発に携わってた主人公が
亡き父の跡を継いだ下町工場での
大企業からの見下しやいじめ、会社内でも
内部分裂などをしながらも
自分の夢にまっすくに向かって戦い続ける
かっこいい話となっております。

んーーー
終わりよければすべてよし、なんだろうけれど
今回は成功したからよかったものの
失敗していたらどうだったのだろう・・・

反発した社員の気持ちは痛いほどわかる。
夢を追いかけるのはとても素晴らしいことだけれど
自分一人にふりかかるものじゃないし
社員としての意見はごもっとも。

だけど、社長のチャレンジしていくという思いも
わからんでもない。

けどこの会社だったからこそ、
自信があったからこそ社長もここまで
思いを突き通せたんだよね。



話の流れは、よくある流れでどってことなかったし
裁判や特許のことも流して読んでました。

この作品でよかったのはやっぱり
夢に向かって努力するのと
みんなの団結ですかねぇ。
それも下町の工場だし、大企業を相手に。
これまた大企業が悪役やってくれてるから
面白くなっています。


一度はバラバラになった社員が
もう一度心を一つにして勝ちをとっていく姿は
読んでいて気持ちがいいです。

映画化になりそうだな







私 的 評 価
   5 段 階
    






読書メーター登録

スポンサーサイト


カテゴリ : 【●男性作家
この記事へのトラックバック数 : (0) 【トラックバックする
この記事へのコメント数 : (0) 【コメントする
| top↑

<<『ましろのおと』6巻 羅川真里茂 | ホーム | 『ジェノサイド』高野和明>>















管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://iruta2010.blog48.fc2.com/tb.php/856-1288ce39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

いるた2010

Author:いるた2010
・マンガ(主に少女マンガ)
・小説(ホラー以外)
・アニメ(なんでも)
・ゲーム(主にRPG)

大好きです。

マウスについてくる星
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。