07月≪ 2017年08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
   Admin

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ : 【スポンサー広告
| top↑

『夢の上 - サウガ城の六騎将』多崎礼


テーマ : 読書 ジャンル: 小説・文学


夢の上 - サウガ城の六騎将 (C・NOVELSファンタジア)夢の上 - サウガ城の六騎将 (C・NOVELSファンタジア)
(2012/04/24)
多崎 礼

商品詳細を見る

・・・解説・・・

サマーアにアライスという「光」が現れ、
人々は希望を取り戻す。だが、「光」を未だ目にすることのなかった時代、
「光」が己の輝きの萌芽に気づく前、その姿はどう映っていたのだろう。
混沌とする「未来」を決して諦めなかった者たちがいた。
彼ら六人は時にアライスを支え見守り、救国軍の礎となる。
そのケナファ騎士団の六士隊長の軌跡を追った連作短編集。





夢の上全3巻の、番外編です。
あれはあれで終わってたから、
この番外編は何を書くんだろうと思ったら
ケナファ騎士団の六士隊長たちの話です。

んーいらないといえばいらないんだけど
読んでいくとやっぱり面白いです。

本編では名前がちらっとしか出なかった人たち。
脇役だった彼達にも一人ひとり人生があり
物語があります。
それ書いてたらきりがないけど。
でも物語の中に引き込ませる手腕はやっぱり見事です。

6人の中でやっぱり私が一番気になったのはアーディンです。
彼は本編でも主役をやったんだけれども
こちらもラストに登場です。
愛する人と結ばれなかったアーディン。
とても切なくて、だからかとても心に残ったお話でした。

その彼の話がまた読める・・・
そうワクワクしたんですが、お話は彼の両親の話。
本編でも父親が出てましたね。

両親の話か・・・とちとガッカリしたけど
やっぱりよかったなぁ。
そして最後の再会で、やっぱりぶわっと鳥肌立ちました。

彼、独身貫いてたのね。
それがわかってまた切なくなりました。


次は新作らしいです。
けど来春・・・(゜o゜)
・・・・・待ちます・・・・






私 的 評 価
   5 段 階
    


読書メーター登録

スポンサーサイト


カテゴリ : 【●女性作家
この記事へのトラックバック数 : (0) 【トラックバックする
この記事へのコメント数 : (0) 【コメントする
| top↑

<<『六花の勇者』山形石雄 | ホーム | 『オーダーメイドダーリン―幸せの王子様(ベストパートナー)の育て方』高殿円>>















管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://iruta2010.blog48.fc2.com/tb.php/858-92f01da9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

いるた2010

Author:いるた2010
・マンガ(主に少女マンガ)
・小説(ホラー以外)
・アニメ(なんでも)
・ゲーム(主にRPG)

大好きです。

マウスについてくる星
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。