09月≪ 2017年10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
   Admin

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ : 【スポンサー広告
| top↑

『六花の勇者』山形石雄


テーマ : 読書 ジャンル: 小説・文学


六花の勇者 (六花の勇者シリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)六花の勇者 (六花の勇者シリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2011/08/25)
山形 石雄

商品詳細を見る

・・・解説・・・

闇の底から『魔神』が目覚めるとき、
運命の神は六人の勇者を選び出し、世界を救う力を授ける。
地上最強を自称する少年アドレットは、
その六人、『六花の勇者』に選ばれ、
魔神復活を阻止するため、戦いへ向かう。
だが、約束の地に集った勇者は、なぜか七人いた。
その直後、霧幻結界が作動し、七人全員が森に閉じ込められてしまう。
七人のうち誰かひとりが敵であることに
気づいた勇者たちは疑心暗鬼に陥る。
そして、その嫌疑がまっさきにかかったのはアドレットで―。
伝説に挑み、謎と戦う、圧倒的ファンタジー、堂々始動。





新たなシリーズ開拓中。
このシリーズはまだ2巻までしか出てないみたいなのですが
評価がよかったので読んでみましたが
面白いですね。
犯人探しというか、心理を読み取るというか・・・
けどミステリーでもないしサスペンスでもないし
ファンタジーというのが一番しっくりくるけど
ようは、魔人を倒す為に6人勇者に選ばれるはずが
偽物が一人いる、その偽物を探せ!
ってな感じです。今はね。


それぞれの戦闘力を持っている7人。
主人公は自称「地上最強男」のアドレット
この人が疑われながらも中心になって
物語は進んでいきます。

なかなか仲間を信用しようとしない個々の勇者。
読者側にも誰が偽物かわかりません。
自分で推理です。

途中何度もひっかけられます。
この人だ!いやまてよ、違う・・・
でも怪しい・・
ということはこいつか!
え、え????
って感じで進んでいきました。
ええ・・・
全くノーマークの人が偽物でした。
あの流れでそれってあり??????

納得できないまま話は終わったかと思ったら
最後にまたメンバーが追加。
そうきたか。


一緒になって考えながらは楽しいけれど
私には犯人を推理するというのは難しすぎる。


ちなみに勇者たちは
まだスタートラインにさえ立ってない模様(笑)






私 的 評 価
   5 段 階
    


読書メーター登録

スポンサーサイト


カテゴリ : 【●男性作家
この記事へのトラックバック数 : (0) 【トラックバックする
この記事へのコメント数 : (0) 【コメントする
| top↑

<<『好きっていいなよ。』7~8巻 葉月かなえ | ホーム | 『夢の上 - サウガ城の六騎将』多崎礼>>















管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://iruta2010.blog48.fc2.com/tb.php/864-c75a4575
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

いるた2010

Author:いるた2010
・マンガ(主に少女マンガ)
・小説(ホラー以外)
・アニメ(なんでも)
・ゲーム(主にRPG)

大好きです。

マウスについてくる星
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。