06月≪ 2017年07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
   Admin

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ : 【スポンサー広告
| top↑

『六花の勇者 2』山形石雄


テーマ : 読書 ジャンル: 小説・文学


六花の勇者 2 (六花の勇者シリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)六花の勇者 2 (六花の勇者シリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2012/04/25)
山形 石雄

商品詳細を見る

・・・解説・・・

「七人目」だったナッシェタニアは去ったが、
ロロニアという少女が現れ、
またもや七人になってしまった六花の勇者たち。
魔神再起までのタイムリミットが迫っており、
疑心暗鬼はぬぐえないまま、魔哭領の奥へと進む。
するとそこへ一体の凶魔が現れ、モーラに
「君には時間がない」と告げる。
そらに凶魔を束ねる統率者の一体、テグネウが
六花の勇者の前に突如現れる。それは「七人目」の
関わる策略なのか!?混乱の中で激闘が始まる。
伝説に挑み、謎と戦う、圧倒的ファンタジー、第2幕。





第二弾です。
姫が偽物で、解決したと思ったらまた新たなメンバー追加で
偽物さがしが振出しに戻りました。
けれどその偽物は手を出してこようとしてません。
今のところ。
も一回一人一人を洗ってみる。
そしたら今回は年長のモーラが六花の一人を
殺したと冒頭からありました。
あーこの人が偽物か・・・
と思って読んでいくと彼女はただ凶魔に脅されているだけ。
しかも子供を人質に・・・
究極の選択で子供を優先したと思ったけれど
モーラにはもう一つの考えが。

モーラもそうだけれど凶魔もみんな
二重三重の策があり、読んでて楽しいです。

モーラが偽物か・・・と思ったら
またそこで覆される・・・
あーそーですね、もうひっかかりませんよ、
ってか何も信用しませんw

それとアドレットがフレミーに告白まがいなことを言ったのが
なんかひっかかったんですけどー

自称「地上最強男」のアドレット
彼が中心になって7人は進んでいるけれど
まさかこの主人公が偽物じゃないよねぇ・・・

ってか、全員が偽物だったら笑えるw

そう考えて冗談に思えないのがこの作品ですね


それと・・・
挿絵が残念・・・






私 的 評 価
   5 段 階
    


読書メーター登録

スポンサーサイト


カテゴリ : 【●男性作家
この記事へのトラックバック数 : (0) 【トラックバックする
この記事へのコメント数 : (0) 【コメントする
| top↑

<<『二ノ国 白き聖灰の女王』 | ホーム | 『好きっていいなよ。』7~8巻 葉月かなえ>>















管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://iruta2010.blog48.fc2.com/tb.php/865-4d230722
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

いるた2010

Author:いるた2010
・マンガ(主に少女マンガ)
・小説(ホラー以外)
・アニメ(なんでも)
・ゲーム(主にRPG)

大好きです。

マウスについてくる星
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。