03月≪ 2017年04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月
   Admin

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ : 【スポンサー広告
| top↑

『アヴェントの娘』永野水貴


テーマ : 読書 ジャンル: 小説・文学


アヴェントの娘 (レガロシリーズ)アヴェントの娘 (レガロシリーズ)
(2010/06/18)
永野 水貴

商品詳細を見る

・・・解説・・・

どうか私を連れて行ってください。

毒の海に蝕まれた世界で、
浄化の力を持つ《水の一族(アヴェント)》は尊い存在として
水の国《アクアテラ》で手厚く保護されていた。
そんな中、一族の長の娘でありながら最も力が弱く、
隠されるように育てられたシェルタは、
満足に役目を果たせずにいる自分に忸怩たる思いを抱えていた。
しかしある日、部屋を抜け出したシェルタの前に現れた
二人の男との出会いが彼女の運命を変えていく。
褐色の肌に冷淡な赤い瞳を持つカビール国の王子カルフと
柔和な笑みを絶やさないメガロス皇国の軍人ソティラス。
シェルタの事情を知らず、しかし浄化の力が欲しい彼らは、
アヴェントの娘であるシェルタを自国に引き入れようと強引に迫ってくるのだが……。
毒の海に蝕まれた世界で繰り広げられる、
壮大なファンタスティック・サーガ、登場!





新しいシリーズもの探してます。

目にとまったというか
ジャケがいい感じだったので・・・

ストーリー自体はなかなか興味深いです。

シェルタを巡って、他国の王子二人の
ライバル競争かなぁと思ってたんだけれど
1巻目ではまだそんな様子はないなぁ。

二人の王子とも、シェルタにあんまり興味がないみたいで。

1巻目ではカビール国の浅黒い王子カルフの話ですね。

彼の国を救おうと、世間から隔離されてるにもかかわらず
飛び出していきます。


まぁ結局役に立ったのかどうかは謎だけど。

弱い力といいながらも
なにか彼女には秘められた力があるんだろうね。
あのペンダントが鍵・・・楽しみです。


ヒロインは幽閉されてる儚げな少女なんだけれど
だからといって卑屈になっておらず
自分なりに頑張ってる姿は好きです。

この先、王子二人に競ってほしいですが
私は今のところソティラスより
カビール国の王子カルフですかねぇ。
やっぱ少女マンガではなんだかんだとありながら
最後はカルフとハッピーエンドっていうのが暗黙ですがw


まぁ楽しみです。







私 的 評 価
   5 段 階
    






読書メーター登録

スポンサーサイト


カテゴリ : 【●女性作家
この記事へのトラックバック数 : (0) 【トラックバックする
この記事へのコメント数 : (0) 【コメントする
| top↑

<<『君と恋を知った』全2巻 吉永ゆう | ホーム | 『ニブンノワン!王子』5巻 中村世子>>















管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://iruta2010.blog48.fc2.com/tb.php/888-8924072b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

いるた2010

Author:いるた2010
・マンガ(主に少女マンガ)
・小説(ホラー以外)
・アニメ(なんでも)
・ゲーム(主にRPG)

大好きです。

マウスについてくる星
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。