06月≪ 2017年07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
   Admin

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリ : 【スポンサー広告
| top↑

『永遠の0』百田尚樹


テーマ : 読書 ジャンル: 小説・文学


永遠の0 (講談社文庫)永遠の0 (講談社文庫)
(2009/07/15)
百田 尚樹

商品詳細を見る

・・・解説・・・

「娘に会うまでは死ねない、妻との約束を守るために」。
そう言い続けた男は、なぜ自ら零戦に乗り命を落としたのか。
終戦から60年目の夏、健太郎は死んだ祖父の生涯を調べていた。
天才だが臆病者。想像と違う人物像に戸惑いつつも、
1つの謎が浮かんでくるーー。
記憶の断片が揃う時、明らかになる真実とは。





厚い・・・
読む前はそう思ってました。

けれどね、読んでたら止まらないの。


主人公は、司法試験に挑戦してる26歳の
まぁ・・・なんというかニート君です。

姉から、実の祖父の話を聞き
祖父の短い人生を調べようと動き出します。


その祖父は、死にたくないと語ってたらしいけど
終戦間近に特攻で亡くなったらしい。

その当時祖父に関わった人たちのところに
足を運んで昔話を聞きます。


それがねぇ、なんというか・・・
戦争や特攻の話はやっぱダメだわ・・・
泣けてくる
辛いというか、苦しいというか、切ないというか・・・


けれど、この小説は反戦を訴えるものでもなく
お涙ちょうだいの本でもないです。


戦闘機にしても、当時の戦争にしても
人物にしても事細かく書かれています。
知らない事実もたくさんありました。
約70年前に、こんな戦争を日本でしていたなんて
信じられないですよね。

「生きて妻と子供のもとへ帰る」と言っていた祖父が
なんで特攻で命を落としたのか、
いろんな方の話を聞くうちに祖父の人柄や
性格などが色々わかってきます。

そして死の訳も。

読んでて辛かったけれど、やはり最後は
色んな意味で感動して安心したというか
ちょっとは救われたかなという感じです。



地元広島なので、大和ミュージアムにも行って
ゼロ戦や魚雷、特攻兵器「回天」なども見ましたし
特攻隊の遺書なども読みました。
その時は、ただ切なくてお国の為に命をかけてくれたんだと
悲しいばかりでしたけれど
この本を読んでまた遺書を読んだら
また少し違う気持ちになるような気がします。



感動するというより、考えさせられる本です。


若い人たちに是非読んでもらいたいです。





私 的 評 価
   5 段 階
    


読書メーター登録




スポンサーサイト


カテゴリ : 【●男性作家
この記事へのトラックバック数 : (0) 【トラックバックする
この記事へのコメント数 : (2) 【コメントする
| top↑
ふむふむ。 From:仔仔迷おばさん

映画化されるんですよね(^_^)又遡りそうだよぉ~(^o^;)

仔仔迷さんへ From:いるた2010

> 映画化されるんですよね(^_^)又遡りそうだよぉ~(^o^;)

えーそうなんですか
知らなかった・・・

なんでもかんでもすぐ映画化しちゃうな(^_^;)


<<『新東京廓恋酔夢』全3巻 兄崎ゆな | ホーム | 11月気になる作品>>
ふむふむ。
映画化されるんですよね(^_^)又遡りそうだよぉ~(^o^;)
【2012/11/11 22:26】URL | 仔仔迷おばさん #1LLjuO4k[ 編集]
仔仔迷さんへ
> 映画化されるんですよね(^_^)又遡りそうだよぉ~(^o^;)

えーそうなんですか
知らなかった・・・

なんでもかんでもすぐ映画化しちゃうな(^_^;)
【2012/11/12 19:22】URL | いるた2010 #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://iruta2010.blog48.fc2.com/tb.php/979-92948ed2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

いるた2010

Author:いるた2010
・マンガ(主に少女マンガ)
・小説(ホラー以外)
・アニメ(なんでも)
・ゲーム(主にRPG)

大好きです。

マウスについてくる星
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。